またも禁煙つらい

投稿日:2019/10/10
前回に引き続き、体調不良の愚痴。
ブログタイトルに「ババア」と付けたのは2年前
急速に確実にババくさくなっております!

まず禁煙する理由ですが
タバコが健康を害する説
わたくし全く信じておりません。

ニコチンが人体に被害を出すのではなく
タールが綺麗な壁に致命的なだけ。

掃除を頑張ってる建物の中でタバコは控えてくださいね
って言葉に耳をかさないマナーが悪い奴らが多いから
タバコ吸ったら死ぬって脅そうぜ

この世界にマナーを守らない人がいるのは知っているけれど
なんで同類扱いされなきゃいけないのよ失礼だわ!
っていう反骨精神は失っていないのだけれどね
頑固さ、幼稚さ、むしろ年齢とともに逆に増してるのだけれどもね

飛行機とかオサレなレストランとか
タバコ吸えなくて地獄。
世界のほとんどが地獄、という世の中の流れに、負けました。

飛行機つらいから旅行やめよう
とか
レストラン禁煙だから食事ことわろう、もともと少ない友達いなくなったって
とか

若い時は、つらいより楽しいを強く感じてたのに
今は、つらいなら辞ぁめた
ってなる。

そして、タバコのために家に引きこもってると
マジでボケ始めかも、ってビビる瞬間がチラホラ・・・

これはいかん!
禁煙して先進国で冬を越そう!
オーストラリアで3ヶ月じゃい!
タバコ代が家賃より高くなるなんて、ありえないよね!

ということで2度目の禁煙外来。

禁煙失敗からマル1年たってると
2度目も保険適用になる。
オーストラリアで散財するために日本の税金を無駄遣い
・・・私みたいな人間と同類扱いされる日本人がいるなんて。。。

病院に行かずに薬だけ手に入れれば税金の無駄遣いに加担することにならないのだけれど
実は、1度目の禁煙外来と、2度目(今)の間に
インターネットで買った薬(病院の外来治療でない)も試しているのです。。

シンガポールから輸入とかいう薬、なんか変な臭いした上に、効かなかったのよ。。
ていうか、2度目(今)の薬の成分と見比べてみたら
単純に成分が半分だったっていう・・

2錠ずつ飲めば、つまり私がお金を倍だせば、日本の税金に手をつけずに済む
と気づいてからも病院に行っちゃう私
・・みたいな人間がいるから、タバコ吸ったら死ぬぞ、とか脅さなきゃいけないことになるのね。。

そして、3回目の禁煙で気づいたのだけれども、、、
タバコ吸えなくて地獄
っていう辛さ、薬さえ飲めば消える
っていう考え、甘かった。。。

薬を飲むと、タバコ吸ったら気分悪くなるので吸わない
のだけれど、それって
常時タバコ吸えなくて地獄のイライラ状態が続くってことなのよね。。

1度目の禁煙外来の時、イライラしたのは「忙しさ」が原因だと思った。
シンガポールの薬の時、イライラしたのは「寒さ」が原因だと思った。
違いました。

イライラが募って
ストレス太りして
のらなきゃいい体重計のっちゃって、負のループ。

爪を噛む癖も復活しちゃったよ。
ネイルが面倒になった、っていうのも年のせいかしら。。。

そして、爪というか、爪の根元の甘皮を深く剥きすぎて
常に指先が痛い状態
からの、子供の頃の記憶が蘇ってきた
(ちなみにボケると昔のことばっかり思い出すらしいね)

私の母、ヒステリックな教育ママで
何かにつけて「悪いことするとXXXになるわよ」って脅されてた。
・・だから「タバコ吸うと死ぬぞ」みたいな脅しに過剰反応しちゃうのかな私

爪を噛む癖に関しても
「指を切り落とさなきゃいけなくなるよ」
って脅されてたわけです。

で、10歳前後の頃
今の私と同じく、甘皮を深追いしすぎました。

子供ですからね。
指がずーっと痛い、お母さんが言ってたの本当だ!
って思いました本気で。

ちょうどアニメか何かで凍傷か何かで脚を切り落とす
みたいなシーンを観た、とかも追い打ちをかけたのかな
(当時のテレビは残虐シーンとか、うるさくなかった)

私、大騒ぎしました。
指、切り落とさなきゃなの、お母さん、お母さん!!

今になって思えばね
母ざまあみろ
子供に適当なこと言って脅すから、泣き止まなくて、困るのはアンタでしょ
って思うのだけれどもね。

今の私と同い年くらいの母、困り果てて、祖母(母の母)を頼りました。
今になって思っても、おばあちゃんは賢かった。

木の根っこみたいな(みたいな、っていうか本当に木の根っこ、だったかも)
漢方薬を見つけてきてくれて(たぶん殺菌作用とかがあるやつ)
煎じるところを目の前で見せてくれて(魔法使いの呪文とか余計な演出なし)
汁に指をつければ、切り落とさなくていいよ(治るまで毎日おばあちゃん家においで)

って。頼もしかったなあ。

それでも、私は母に対して、えげつない恐怖心をもっていたので
「でも治る前に、お母さんが私を病院に連れてっちゃうかもしれない」
と泣きました。

おばあちゃんが絶対そんなことはさせないって言ってくれて
ああ、本当に頼もしかった。

という思い出話。

うむ。いまだに母を恨んでる私、まだまだ子供じゃないか。
母を恨むと言えば、2kg増えただけで、この世の終わりのように感じるのも
人生の最高の時期(高校から20代前半)デブだったせい
子供の頃に太ってたのは、正真正銘、母のせい

私の歯並びが悪いのも
母が1本目の乳歯がグラグラした時に歯医者に連れてったせい。
そして当時の歯医者は「自然に抜けるのを待つのが一番」と一応は説明しつつも
子供にも理解できた歯医者の説明に納得しないヒステリックな母親を宥めるために
痛い痛い麻酔注射を打って抜歯した。
その数年後、私は父のお金で歯並び矯正することを拒むこととなる。

何から何まで、お母さんのせいだ。
幼児帰り?いやいや、まだまだ、若いのよ私。
きっとね。

一応、年寄りらしく教訓めいた言葉を追加するなら
私の母のように、脅して解決するみたいな目先を追うような方法を使うと
長い年月にわたって禍根を残すことになります
・・かな。
前のヌード文章 次のヌード文章
鼻水 ドラゴンボールと夏目漱石

HOME

ババアがヌードになる理由

最近のヌード文章

(続)コロナウイルス

コロナウイルス

ドラゴンボールと夏目漱石

またも禁煙つらい

鼻水

非正規雇用はマイノリティのためのもの

軍用機の墜落

ご近所さんのピアノ

働く女のスタイル

税金かるた

京都すごい

▼さらに過去のヌード文章▼

貿易戦争

タウンハウス

ハワイも疲れる。お家が一番かも

アメリカ放題の落とし穴:SIMカード

AIの2次元彼女

文化が滅びる=ブームが去る

おしゃれタトゥーは体重10kgと同じ

ワイハざます

涙もろすぎ

「イケメン」の本来の意味は「男前」と違う

セクハラよりもモノマネが嫌だ

義務教育のプログラミングは体育のサッカーと同じ

ダパンプのって羞恥心みたいなもん?

ディベートは要らないだろ

AMP検証googleお墨付き

面倒臭い幸せ

信心深さとリコピン

自分へのご褒美は、欲しがりません勝つまでは

お聞きする・お聞きになる

うさぎメイクとガングロ

国外逃亡のための禁煙=絶賛失敗中!

白髪

女優の美容アピールはブスのヒガミ対策

AIは怖くない!システムエンジニアに言わせろ

Female-2

ストーカー?夢遊病?怪奇現象?

スペイン映画が面白い

数のパワー、マスメディア

すっぴん隠しのマスク

女性の社会「進出」

端数プチ恐怖症

石平さん

ちがうだろーーー

ブスとバカは

ゆとりとバブルとコギャル

はじめてのおつかい

今どきの若い男の子