お聞きする・お聞きになる

芸能リポーターとか
バラエティ番組の司会者とか
「お聞きしたんですか?」「お会いしたんですか?」
って言う人

育ちが悪いのねえ。
と思ってしまう。

和田アキ子とかマツコとかは
口が悪い、というキャラクターだけれど
「お聞きになったんですか?」「お会いになったんですか?」

育ちがいい、というか
和田アキ子は、上下関係きっちりしたとこで生きて来たんだな、と思う。
マツコは、本当に育ちがいい、のかもしれないし
もしくは、関東出身(千葉県)だから、標準語の敬語が綺麗なのか?とも思う。

「いただいてください」は
最近テレビで言う人いなくなった。
あちこちで指摘がとびかったんだろうな。

でも「お聞きしたんですか?」は
指摘する人が少ないようで
かなりの頻度で耳にする。

「いただく」は謙譲語、「めしあがる」が尊敬語。
だから「いただいてください」は
「お前みたいな下衆が、素晴らしい食べ物を、食いやがれ」
という意味になり、間違い。

同じ理屈。

「お聞きする」は謙譲語、「お聞きになる」が尊敬語。
「お会いする」「お会いになる」などなど
「お〜する」は謙譲語、「お〜になる」が尊敬語。

謙譲語は、自分・もしくは身内に使う。
「うちの社長が参ります」みたいに
権力者であっても身内は謙譲語、ていうルールもある。
(「うちの社長がいらっしゃいます」はNG=社会人研修で習う)

なので、芸能リポーターが
「俳優Aさんが、Bさんに、お会いしたんですよ」
って言うのを聞くたび
芸能リポーターは、俳優Aさんの身内なのか!
って引っかかる。

まあ、身内なのか!ってくらい
色々ご存知ですけどね、芸能リポーターさん。

芸能リポーターさんとしては
「私はAさんとは他人なんです、だから敬語です」
っていうつもりで、敬語を使いたいんだろうから
「お会した」は、逆効果。

もう、いっそのこと
尊敬語とか謙譲語とか
変な使い方するくらいだったら
法律で禁止しちゃったらどうだろう。
「です・ます」以外の敬語は禁止。

日本で育った日本人でも、使い方を知らない人がいる
っていうだけの理由では、なくてですね。

今の世の中、目上と目下の区別が、ややこしい。
年下の上司に対して、尊敬語・謙譲語キッチリ使うオジサンとか
へりくだった口調は、哀れすぎるじゃない。

今の世の中、「身内」の感覚も、ややこしい。
私はフリーランスで仕事してるので「会社=身内」ではない。
孫請けの案件とかで、直属・大元の両方の雇主と私が「お会いする」場合に
直属の雇主が、まるで私が「身内」であるかのように、謙譲語・・とか、違和感ある。

尊敬語と謙譲語、別に法律で禁止しなくたって
そのうち自然消滅する、だろうとは、思う。

だけれども、、、
テレビで「お会いしたんですか?」とか聞くたびに
イライラしてしまう私のようなババアもいるわけで。

テレビの録画の録りだめを一気に観るのが
ババアの唯一の安らぎの時。
それなのに、「お会いする」「お聞きする」の誤用で
いちいちイライラしたくないんです。。
前のヌード文章 次のヌード文章
うさぎメイクとガングロ 自分へのご褒美は、欲しがりません勝つまでは

HOME

ババアがヌードになる理由

最近のヌード文章

「イケメン」の本来の意味は「男前」と違う

セクハラよりもモノマネが嫌だ

義務教育のプログラミングは体育のサッカーと同じ

ダパンプのって羞恥心みたいなもん?

ディベートは要らないだろ

AMP検証googleお墨付き

面倒臭い幸せ

信心深さとリコピン

自分へのご褒美は、欲しがりません勝つまでは

お聞きする・お聞きになる

うさぎメイクとガングロ

さらに過去のヌード文章を表示する

国外逃亡のための禁煙=絶賛失敗中!

白髪

女優の美容アピールはブスのヒガミ対策

AIは怖くない!システムエンジニアに言わせろ

Female-2

ストーカー?夢遊病?怪奇現象?

スペイン映画が面白い

数のパワー、マスメディア

すっぴん隠しのマスク

女性の社会「進出」

端数プチ恐怖症

石平さん

ちがうだろーーー

ブスとバカは

ゆとりとバブルとコギャル

はじめてのおつかい

今どきの若い男の子